忍び足ニュース

忍び足ニュースでは2chや5chより色々なジャンルをまとめています。


    2007年1月の北米国際オートショーで発表。欧州および日本などの市場に投入されるキャシュカイ/デュアリスの北米版とも言えるモデルで、内装デザインが共通であるが、外寸は全長4,645mm×全幅1,800mm×全高1,658mm、ホイールベース2,690mmと、キャシュカイ/デュアリスに比べてそれぞれ335mm、20mm、48
    13キロバイト (1,349 語) - 2020年6月17日 (水) 09:48



    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    エクストレイル激似!

    1 名無しさん@涙目です。 :2019/03/14(木) 15:56:44.54 ID:AK/eh/DZ0●.net BE:423476805-2BP(4000)


    (出典 img.5ch.net)

    日産はIMQコンセプトをジュネーブモーターショー2019で発表した。
    新型のクロスオーバーコンセプトとなる。アンベールは8分00秒あたりから。

    (出典 Youtube)

    欧州Cセグメントクロスオーバーのど真ん中のサイズ感であることがコメントされており、トヨタ・C-HR、2019年内の発売が想定されるマツダ・CX-30の対抗モデルとなるはず。
    パワートレインでは次世代のe-POWERを搭載。最高出力250kW、最大トルク700Nmの4WDシステムとなる。
    発電を担うガソリンエンジン部は、1.5Lターボが示されている。

    (出典 car-research.jp)

    https://car-research.jp/tag/dualis


    【次世代e-POWER搭載 【日産】 クロスオーバーSUV「キャシュカイ」】の続きを読む


    株式会社日立製作所(ひたちせいさくしょ、英: Hitachi, Ltd.)は、日本の電機メーカーであり、日立グループの中核企業。世界有数の総合電機メーカー。日経平均株価及びTOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 通称は日立やHITACHIなど。創業の地であり、主力工場を抱える茨城県日立
    98キロバイト (12,535 語) - 2020年8月11日 (火) 23:06



    (出典 tenshokupicks.jp)


    金額がスゴい。

    1 きつねうどん ★ :2020/08/13(木) 07:40:18.94 ID:CAP_USER.net

     日立製作所は12日、イタリアの鉄道運営会社トレニタリアと、鉄道の高速車両「フレッチャロッサ1000」を受注する契約を結んだと発表した。カナダのボンバルディアのグループ会社と協力して、23編成を計約8億ユーロ(約998億円)で供給する。2022年9月に最初の車両を納入し、22年中にスペインで運行が始まる予定。

     日立とボンバルディアのグループ会社はイタリアで設計、製造する。フレッチャロッサ1000の1編成の全長は約200メートル、乗車定員は約460人で、営業最高時速は360キロ。同じモデルの車両は15年にイタリアで導入されている。

    https://this.kiji.is/666099863537173601


    (出典 raillab.jp)


    【【鉄道】「日立製作所」 スペインの高速車両を約600億で受注!】の続きを読む


    大橋 未歩(おおはし みほ、1978年8月15日 - )は、日本のフリーアナウンサー。元テレビ東京アナウンサー。所属はプントリネア。 兵庫県神戸市須磨区出身。神戸市立北須磨小学校から神戸女学院中学部・高等学部に進み、一年の浪人を経て上智大学法学部法律学科に入学。1999年に同大学のミスソフィアコンテストのグランプリを獲得した。
    26キロバイト (3,245 語) - 2020年7月20日 (月) 00:45



    (出典 pbs.twimg.com)


    なるほどね。

    1 名無しさん@おーぷん :20/03/04(水)05:08:54 ID:p1w

    これはたまらん


    (出典 i.imgur.com)


    【大人の色香 フリーアナウンサー「大橋未歩」】の続きを読む


    CR-Z(シーアール-ズィー)は、本田技研工業が生産・販売していたハイブリッドエンジンを搭載したコンパクトクーペスポーツカーである。 CR-Zは、環境負荷の軽減が優先されるハイブリッドカーでも運転する楽しさを感じられる、スポーツ性を融合させた乗用車である。2+2のライトウェイトスポーツというパッケ
    30キロバイト (3,944 語) - 2020年5月1日 (金) 07:30



    (出典 www.autocar.jp)


    カッコいい。スポーツカーらしくなってきた!

    1 名無しさん@そうだドライブへ行こう :2020/07/24(金) 08:35:30.73 ID:kyGnmd0I0.net

    2010年2月25日発売~『CR-Z』のスレです。

     1.5L i-VTECエンジンとHonda独創のハイブリッドシステムのIMA(インテグレーテッド・モーター・アシスト)を組み合わせ、
     先進的で躍動感のあるデザインに、俊敏で爽快な走りと25.0km/Lという優れた燃費性能を融合した、新しい価値を持つハイブリッドカー

    <名前の由来>
     『CR-Z』とは、「Compact Renaissance Zero(コンパクト ルネッサンス ゼロ)」の略。
     従来のクーペ価値にとらわれず、新しいコンパクトカーを創造するという志のもと、原点(ゼロ)に立ち返ってチャレンジする、という意を込めた。

    ■公式サイト http://www.honda.co.jp/CR-Z
    ■公式ニュース http://www.honda.co.jp/pressroom/products/auto/cr-z/
    ■よくある質問 http://www.honda.co.jp/CR-Z/faq/
    ■取扱説明書 http://www.honda.co.jp/ownersmanual/HondaMotor/auto/?m=cr-z
    ■製品情報 http://www.honda.co.jp/factbook/auto/CR-Z/201002/
    ■販売終了モデル http://www.honda.co.jp/auto-archive/cr-z/
    ■オーナー限定スレ跡地(1~16) ※Webブラウザで読み込み可
    http://hope.2ch.net/test/read.cgi/auto/1439887194/9

    ■前スレ
    【HONDA】ホンダ CR-Z Ver130
    http://fate.5ch.net/test/read.cgi/auto/1586888641/


    【【商標登録】 HONDA「CR-Z」 の後継モデル来た!?】の続きを読む


    照明 (明かりからのリダイレクト)
    提灯(ちょうちん) 竹ひごを筒状に組みその周囲に障子紙を張ったもの中に蝋燭が入っている。蝋燭の明かりが障子を通し外を照らす。夜にこれを持ちながら歩くと道中の明かり取りになる。家の前にかけておくと外灯にもなる。また使用しない時は上下から折り畳む事が出来る。周りに障子紙が貼られてい
    20キロバイト (2,825 語) - 2020年8月2日 (日) 12:37



    (出典 cdn.jalan.jp)


    ろうそく…?

    1 スフィンゴバクテリウム(愛知県) [GB] :2020/08/12(水) 17:49:14.36


    浮世絵版画と聞けば、

    「ああ、あの江戸時代に流行ったという……」

     と思い浮かべるのが、ごく普通の反応かと思う。そう、美人画や役者絵、
    風景画などが大量に市中で売られ、江戸庶民の無聊を慰めた。それが浮世絵
    という存在だった。

    も考えてみれば、なぜ江戸時代に限定されるのか、ちょっと不思議だ。

    技法が編み出され、ジャンルとして確立したのは江戸時代中期なので、
    それ以前に存在しないのは当然。がしかし、浮世絵は現世でもかなりの人気を
    博している。その証拠のひとつに、今夏も「The UKIYO-E2020 日本三大浮世絵
    コレクション」なる大型企画展が開催され、評判をとっている。

    ならばいまだって浮世絵がどんどん生み出されたって不思議ではないのに……。

    そんな声に応えてのことかどうか。伝統を受け継ぎ、浮世絵制作を続ける
    工房は、各地にいくつか現存する。

    東京・目白にあるアダチ版画研究所は、江戸伝来の浮世絵から現代の新作木
    版画までを手がける老舗。彫師と摺師が一つ屋根の下で仕事をする工房である
    とともに、版元としての役割も兼ね備えている。江戸の頃と変わらぬ素材や
    道具、そして高度な木版技術を駆使し、色鮮やかな浮世絵を生み出し続けて
    いるのである。

    その見事な業の一端を、ぜひ見せてもらおう。ではどんなものを? こんな季節
    である、ここは納涼のために「怖い浮世絵」でどうかと所望してみた。

    ならばと出してもらえたのが、まずは幕末に「奇想の絵師」との異名をとった
    歌川国芳による《相馬の古内裏》。

    妖術を帯びた伝説上の人物・瀧夜叉姫が、相馬の古内裏に怪異なる者どもを
    集めて謀反を企てる……という物語に題材をとった。

    大きく表現されたガイコツの迫真性たるや、凄いではないか。

    さらには、葛飾北斎の「百物語」シリーズである。

    続き
    https://news.yahoo.co.jp/articles/f05d575e2c6e75bdb8de316c662a8d7537ffcdd7


    【【照明】無い時代どう過ごした「江戸時代」】の続きを読む

    このページのトップヘ